病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
外来予約センター
“登録医療機関一覧”
診療実績・臨床指標
調達情報
実習受け入れ
バリアフリー情報
情報公開
取材希望
輸血の方針
寄付のお願い
病院広報誌
それいけSMC!
病院案内パンフレット
行事カレンダー
個人情報保護方針
地域医療機能推進機構(JCHO)のご紹介
JCHO版病院総合医(Hospitalist)育成プログラム

スポーツ・健康医学実践センター(スポーツ部門)

スポーツ部門のご案内

スポーツ・健康医学実践センターは2010年9月に開設されました。
現在、スポーツ部門では、
スポーツ外来
野球肘検診(成長期スポーツ肘検診)
を中心に行っています。申し込みはリンク先をご覧下さい。

肘検診について

13、14歳の少年が肘に痛みを覚えて外来を受診します。診察すると関節は腫れて、曲げ伸ばしが制限されています。レントゲン写真を撮ると関節の外側が壊れて、関節内に遊離体(関節ネズミ)が存在します。これは離断性骨軟骨炎という最も予後の悪い障害です。この障害は野球選手に多くみつかりますが、テニス、卓球、器械体操、水泳、剣道などあらゆるスポーツでもみられます。

1) 検診の目的と内容

肘1 検診の第一目的は「早期の離断性骨軟骨炎をみつけること」です。第二の目的は内側上顆障害などの他の肘の障害の発見です。その他にも肩や膝、腰、足などの障害についても問診をして、必要に応じて診察します。検診は問診、診察、エコー検査からなります。問診では野球開始年齢やポジション、痛みの部位についてたずねます。診察では可動域、圧痛やストレス痛の有無を調べます。エコー検査は離断性骨軟骨炎をみつける鋭敏な検査方法で小さな病変部も拾い出せます。一連の診察の後に総合判定を行い、異常が疑われた場合はさらに精密検査をして、病期や病変の大きさを調べてから治療を開始します。

2) どうして検診が必要か

普通一般の病気やケガは熱や痛みなどの異常を感じてから病院に行けば十分です。しかし乳ガンや子宮ガンなどの病気は異常に気付いてからでは手遅れの場合があります。離断性骨軟骨炎もガンと同じように発生初期は症状に乏しく、痛みや可動域制限が出た時は進行していることが多いのです。初期の約半数はまったく痛みや腫れなどの症状がありません。発生に気付かずにスポーツ活動を続けていると、1,2年して症状がはっきりしてきます。
また発生初期は病変が小さいので検査の仕方によっては診断されなかったり、見落としたりすることがあります。将来のあるお子さんのためにも、経験豊富な当院専門医のもとで検診や診察を受けてはいかがでしょうか。

3) 検診と保険診療の違い

障害をみつけるのは検診でも保険診療でも変わりはありません。我が国の医療制度では、痛みや関節の曲げ伸ばしに差がある等の症状があれば健康保険での診療となります。しかし、原則として全く症状の無い場合には健康保険は適応できないルールになっています。そのために検診を行っています。
異常のない人にレントゲン写真を撮るのは被爆を考えると好ましくなく、MRIを自費で行えば3万円以上の費用がかかります。そのために当院の肘検診では被爆が無く、安価で、精度の高い検査としてエコー検査を採用しました。
表1は少年野球の大会現場で行った検診と一般外来の離断性骨軟骨炎の病期を比較したものです。検診でみつかったグループでは約95%が初期ですが、外来でみつかったグループでは初期はわずか30%で、残り70%は進行していました。このことから早期の離断性骨軟骨炎を発見するには検診が効果的であるのは明らかです。初期例では90%以上の確率で保存的に完治します。進行期では保存的治癒は50%に減り、半数は手術が必要となります。終末期では全例で手術が必要ですが、それでも完治は難しくなります。
表1:離断性骨軟骨炎の発見方法と病期
肘2

4) 対象となる年齢、検診を受ける頻度

離断性骨軟骨炎は11歳前後に一定の割合で発生することがわかっています。以前は外傷によって発生すると考えられていましたが、まったくスポーツをしていない子どもに発生したり、兄弟内で発生したりすることが報告され、発生には内因が強く関与することがわかってきました。「我が子に限って…」と楽観せずに、自覚症状や他覚所見がなくても検診を受けていただくことをお勧めします。
初発年齢は9歳から12歳で、好発年齢は11歳前後です。保存的治療で完治できる状態で発見するためには、9歳から12歳までに検診を半年に1回受けることが理想的です。13歳以降で上腕骨小頭の骨化が完了すると、離断性骨軟骨炎は新たに発生することはありません。この年齢からは内側や後方などの別の部位が障害されるようになります。特に検診をお勧めするのは以下のような方々です。

 投手や捕手の経験がある
 これまでに肘の痛みがあった
 連投の経験がある
 曲げ伸ばしで左右差がある
 肘の外側が腫れて突出している
 兄弟が離断性骨軟骨炎と診断された

痛みや曲げ伸ばしに差があればスポーツ外来(保険診療)、
痛みなどの症状がなければ肘検診(自由診療)です。

野球肘とは

スポーツをしていると、膝、足、腰、肩、など様々な部位のスポーツ障害が発生することがあります。その中で特に“投げる”という動作にまつわる肘の障害は“野球肘”といわれています。もちろん野球だけではなく、手を使うあらゆるスポーツ(テニス、卓球、機械体操、柔道、その他)で肘の障害は起こります。“野球肘”というのは病名ではなく、その中には色々な病気やけがが含まれています。中でも子どもと大人の野球肘は全く違うものとして扱う必要があります。骨の成長が完了するまでの間に存在する骨端の成長軟骨・骨端は弱い部位であり成長期、特に12歳頃までの学童期では骨端の外傷や障害が中心となります(図1)。野球では肘に6カ所ある骨端のうち、外側上顆以外の5カ所に外傷や障害がみられます。そのうち学童期の野球肘で問題となりやすいものは内側上顆と上腕骨小頭の障害です。

(1) 内側上顆骨軟骨障害
投げるときに肘の内側に痛みが出るもので、最も起こりやすい障害です。身体が硬い、身体の使い方が悪い、投げ過ぎ、などが原因となります。これに対しては、痛いときに投球を中止し、身体のコンディションを整える、といった対処でよいことが一般的です。身体作りや、身体の使い方指導で肘への負荷がかからないようにします。手術が必要となることはほとんどありません。

(2) 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎
肘の外側部に起こります。離断性骨軟骨炎は起こる頻度は少ないのですが、進行すると治りにくくなり、手術を必要としたり、重度の後遺症を残す場合があります。図2のように初期で見つかった場合、病変部に無理な力がかからないように安静にしていれば、新しい骨ができて治ってくることが期待できます。進行期では関節軟骨に傷がつき、骨軟骨片が動き出してきます。さらに進行して終末期となれば不安定な骨軟骨片が遊離し、“関節ねずみ”となります。進行期の後期から終末期にかけては手術治療の適応となります。
この障害の問題点は初期には自覚症状が出にくいことです。痛みや肘関節の曲げ伸ばしがしづらいなどの症状が出て外来受診をしたところ、だいぶ病期が進行していた、ということがよくあます。また、この疾患は単に野球のやり過ぎ、投げ過ぎや、身体が硬いということだけでなるものではありません。野球を始めて間もない子にも起こることがありますし、お兄ちゃんがこの病気になったので気をつけていたのに、二人の弟にも発生したという話もあります。現在のところ離断性骨軟骨炎の原因ははっきりとはわかっていませんが、何か離断性骨軟骨炎になりやすい素因を持っている人がいると考えられます。
離断性骨軟骨炎を症状のない初期のうちに発見するのが野球肘検診の主な目的です。
hizi10205hizi20205
PageTop