病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
外来予約センター
“登録医療機関一覧”
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
取材希望
輸血の方針
寄付のお願い
病院広報誌
それいけSMC!
病院案内パンフレット
行事カレンダー
個人情報保護方針
地域医療機能推進機構(JCHO)のご紹介
JCHO版病院総合医(Hospitalist)育成プログラム

ダビンチ®


当院では2018年にダビンチ®を購入しました。ダビンチは、患者さまの体への負担が少ない(低侵襲)手術を支援するロボットです。手術は執刀医がダビンチをコントロールしながら行います。これで当院は、前立腺がんに対しさまざまな治療法がそろいました。

当院のダビンチチーム
患者さまの負担が少ない内視鏡手術の特徴を活かし、ロボット機能を合わせたことで、今まで不可能とされていた角度からの視野の確保と、人間の手以上の緻密さを持つ手術器具により繊細な動きを可能にしたのが、この《ダビンチ》です。その優れた機能は患者さまや医療にとっても大きなプラス効果をもたらします。

手術の方法

術者は操作ボックスに座り、内視鏡による3次元画像を見ながらロボットアームを操作します。

患者さまの負担を軽減

3本のアームとかめらアームを腹部にあけた数ミリの穴(術式により最大6箇所)挿入します。

人間の手以上の可動域

今までの腹腔鏡は真っ直ぐな鉗子しかなかったのに対し、より自由な操作が可能になりました。

●人の目で見える範囲が限られていて、尿道括約筋や神経を傷つけることが多く出血量が多くなりやすい。
●尿道と膀胱のつなぎ合わせの正確性に乏しい。
●傷口が大きい。


●従来、目視での確認が困難だった術野が自由に見られる。
●気腹する(炭酸ガス)ため、出血量が少ない。
●人の目が届きにくい箇所でも今までより正確に縫合できる。
●傷口が小さい(早期社会復帰が可能)
PageTop