病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
外来予約センター
“登録医療機関一覧”
診療実績・臨床指標
調達情報
実習受け入れ
バリアフリー情報
情報公開
取材希望
輸血の方針
寄付のお願い
病院広報誌
それいけSMC!
病院案内パンフレット
行事カレンダー
個人情報保護方針
地域医療機能推進機構(JCHO)のご紹介
JCHO版病院総合医(Hospitalist)育成プログラム

スポーツ・健康医学実践センター(健康医学実践部門)

 

健康医学実施センター(健康医学実践部門)のご案内

健康医学実施センター(健康医学実践部門)は、2020年8月で終了となります。

詳細はこちらをご覧ください。


中・高齢者を対象とした「運動器」の機能障害の改善を主な目的とした運動指導です。
「運動器」とは、体を動かすしくみのことで、骨、関節、筋肉、腱、神経など体を支えたり動かしたりする器官をまとめて呼ぶ名称です。


 最近、「足腰が弱くなった」、「つまづきやすくなった」、「転びやすくなった」と感じることはありませんか?
「足腰の老化だから仕方がない」と思っている方も多いでしょう。でも老化だけではなく「運動不足」が大いに関係しているかもしれません。「健康医学実践センター」では、運動器の健康増進、機能低下の予防・改善や転倒予防のための運動指導を中・高齢者に適した形で行っています。
55歳~85歳くらいの方が多く参加されていますが、何歳からでも参加できます。


年齢と共に「運動器」も老化を起こします。まだまだ若いと思っていても気付かないうちに筋力は低下し、骨、関節、脊柱(背ぼね)も少しずつ老化変化を起こし、変形性関節症、変形性脊椎症、骨粗しょう症などという疾患として現れます。また、女性では閉経後5年くらいを過ぎると急速に女性ホルモンが減少することにより、骨粗しょう症や心臓血管系の病気を引き起こしやすい状態になります。少しでも早いうちから運動習慣をつけておくことは、その後に起こりやすくなる内科的、整形外科的疾患の予防としても、たいへん意義のあることです。

また中高齢者の運動器疾患の予防や介護予防、寝たきり予防への取り組みは急速に高齢化が進んでいる日本では喫緊の課題です。厚生労働省平成25年国民生活基礎調査の概況によれば、「要介護」になる理由として骨折・転倒が11.8%、関節疾患は10.9%です。より軽症な「要支援」になる理由をみてみると、転倒・骨折14.6%、関節疾患20.7%で全体の1/3以上を占め、運動器疾患の予防の重要性がより明らかとなります(下図参照)。厚生労働省は、健康寿命の延伸を目標として、平成25年度からの10年間の健康政策として「国民健康づくり運動プラン(健康日本21、第二次)」を実施しています。その具体的な目標の中にもロコモティブシンドローム(運動器症候群:運動器の障害によって「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態)の予防を掲げています。

「老化だから仕方がない」のではなく、『運動』によって改善することはたくさんあります。運動器の機能がやや低下し運動に参加できるかどうか不安な方や、様々な運動器の悩みをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、個々に応じて対応できることがあるかもしれません。
自分の運動器をみなおして、自分に合った運動を行ってみませんか?

kenkouigaku0205
平成26年グラフでみる世帯の状況_国民生活基礎調査(平成25年)の結果から_
編集・発行 厚生労働省大臣官房統計情報部 より引用

健康医学実施センター120140526健康医学実施センター220140526健康医学実施センター420140526健康医学実施センター320140526
 

運動指導の流れ

「健康医学実施センター」での運動指導を受けるためには、まず整形外科外来部門の「運動器の総合外来」を受診していただきます。ここでは、運動器の痛みや機能障害に対する診察や検査を行い、運動療法の適応があるかどうかを判定します。

Ⅰ.運動器の総合外来(整形外科診察)

【1回目】問診、整形外科診察、各種検査(骨・関節レントゲン、骨密度など)を必要に応じて行います。1年以内に健康診断(区の健診など)を受けている方は、その結果を参考にさせていただきます。
【2回目】整形外科診察、検査結果説明、運動指導の適応決定を行います。必要に応じて、追加の検査や内科受診をお勧めします。
注1)これは運動器の検診ではありません。病気がないかどうかの確認の場合には保険外診療となることがあります。
注2)身体状況に応じて、3回以上の診察が必要なこともあります。
注3)健康医学実施センターでの運動指導が不適切と判断されることもあります。


 

Ⅱ.運動指導

初回評価指導 理学療法士による運動機能評価、運動、歩行指導、医師カウンセリング 隔週月曜日 午後
約1時間
15,170円(税込み:保険外)
基本コース 運動指導士による楽しい運動指導(グループ指導) 毎月第1、3、5月曜日 午後
約1時間10分/回
7,330円/回(税込み:保険外)
集中コース 運動器の機能低下のため基本コースには適さないと診断された場合、理学療法士が1対1で指導します。※最大6回まで受けることができます。 隔週月曜日 午後
約1時間/回
8,380円/回(税込み:保険外)
応用コース 基本コースを修了された方のためのコースです。 毎月第2、4月曜日 午後
約1時間10分/回
5,230円/回(税込み:保険外)
水中運動コース 水中運動が適切と判断された方、または水中運動をご希望される方。 毎月第2、4月曜日 午後
約1時間10分/回
5,230円/回(税混み:保険外)
※運動指導はすべて予約制となっています。
※運動指導時は医師や看護師が見守ります。

運動器の総合外来のご予約は

金曜日 14:00〜16:30
☎03−3269−8111
整形外科外来(運動器の総合外来)


でお受けしております。

PageTop