病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
外来予約センター
“登録医療機関一覧”
診療実績・臨床指標
調達情報
実習受け入れ
バリアフリー情報
情報公開
取材希望
輸血の方針
寄付のお願い
病院広報誌
それいけSMC!
病院案内パンフレット
行事カレンダー
個人情報保護方針
地域医療機能推進機構(JCHO)のご紹介
JCHO版病院総合医(Hospitalist)育成プログラム

医師採用情報

 

リハビリテーション科医師募集

専門医 レジデント(卒後3年目以上)
募集対象
募集人員 若干名
備考 業務内容は、主に回復期リハビリテーション病棟の管理です。患者さまの生活機能の回復に取り組んでいただける方であれば専門科、経験年数を問いません。総合病院の回復期リハビリテーションを行っており、専門診療科と連携しながら急性期から一貫性のあるリハビリテーションを行っています。
急性期病棟の急性期リハビリ、外来での維持期リハビリテーションも行っています。当院は日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医の教育研修施設です。筋電図、嚥下造影検査、嚥下内視鏡、ボトックス治療、義肢・義足の処方などを学ぶことができます。専門医取得を希望される方は指導医が教育基幹施設等と連携して全面的にバックアップします。
勤務内容等詳細は、当院総務企画課・職員係(TEL 03−3269−8111、E-mail:tsm-kengaku@shinjuku.jcho.go.jp)にお問い合わせ下さい。

2019年度(平成31年度)開始の新専門医制度に基づいた専攻医の募集について。

専攻医登録(応募)スケジュールは以下のようになっています(2018年10月22日時点)。

1次登録

① 受付(10月22日〜11月21日)
② 採用確認期間(11月22日〜12月6日)
③ 採用期間(12月7日〜12月20日)
④ 結果通知(12月21日)

2次登録

① 受付(12月22日〜2018年1月21日)
② 採用確認期間(1月22日〜2月6日)
③ 採用期間(2月7日〜2月20日)
④ 結果通知(2月21日)

当院での見学は随時受け付けています。見学を希望される方は以下にお問い合わせください。
当院総務企画課・職員係
TEL 03−3269−8111
E-mail:tsm-kengaku@shinjuku.jcho.go.jp

なお2018年度から開始となる新専門医制度ですが、各基本領域で対応が異なっている場合もあり、各基本領域学会のホームページなども参考としてください。各科の対応を以下に提示しますが、提示のない科も含め詳細な情報を希望される方は、当院総務企画課・職員係を介してお問い合わせください。

内科

平成31年度の新規専攻医は定員に達しました。
平成32年度以降、当院での研修を希望される方は 病院見学申込用紙をダウンロードし、記入のうえ、総務企画課・職員係(上記)へメールに添付して送信してください。

JCHO東京新宿メディカルセンター内科専門研修プログラム

また当院は複数のプログラムに連携施設として参画しています。各プログラムについては当該施設のホームページもしくは日本内科学会のホームページを参考としてください。

当院が連携施設として参画しているプログラムの基幹病院
東京大学医学部附属病院、千葉大学医学部附属病院、北里大学病院、富山大学附属病院、JCHO東京山手メディカルセンター、JCHO群馬中央病院、JR東京総合病院、関東中央病院、横浜市立大学附属病院

総合診療科

新専門医制度に基づいた総合診療専門研修プログラムで研修する専攻医を1名募集します。
当院での研修を希望される方は 病院見学申込用紙をダウンロードし、記入のうえ、総務企画課・職員係(上記)へメールに添付して送信してください。

JCHO東京新宿メディカルセンター総合診療専門研修プログラム

総合診療領域の専門研修を希望される方へ(日本専門医機構)

外科

東京大学外科サブスペ連動型専門研修プログラム、杏林大学外科専門研修プログラム、順天堂外科専門医プログラム、自治医科大学附属さいたま医療センター外科専門研修プログラムの連携施設となっています。

整形外科

名整会関連地域整形外科専門研修プログラム、名整会整形外科専門研修プログラム、東京大学整形外科専門研修プログラムの連携施設となっています。

泌尿器科

当院を基幹施設とするプログラムでの研修を行います。
<a title="泌尿器科専門研修プログラム20170911" href="//wp-content/uploads/2020/08/1505123691191.pdf">牛込・小石川地域泌尿器科専門研修プログラム

また千葉大学及び杏林大学が基幹施設となるプログラムの連携施設となっています。
それらのプログラムの詳細は、以下の泌尿器科学会のホームページを参照としてください。
泌尿器科専攻医登録について(日本泌尿器科学会)

当院での研修を希望される方は2017年9月末日までに当院総務企画課・職員係(上記)に連絡をおとりください。

眼科

東大病院眼科専門研修プログラムの連携施設となっています。

精神科

成仁病院および女子医科大学病院の精神科専門医研修プログラムの連携施設となっています。

耳鼻咽喉科

東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科専門研修プログラムの連携施設となっています。

リハビリテーション科

帝京大学医学部附属病院リハビリテーション科専門研修プログラムの連携施設となっています。

皮膚科

東京大学医学部附属病院皮膚科が基幹施設となるプログラムの連携施設となっています。

形成外科

東京慈恵会医科大学形成外科専門研修プログラムの連携施設となっています。

放射線科

筑波大学附属病院放射線科専門研修プログラム、埼玉医科大学放射線科専門研修プログラム、帝京大学放射線科専門研修プログラムの連携施設となっています。

麻酔科

千葉大学麻酔科専門研修プログラムの連携施設となっています。

病理科

東京大学医学部病理専門研修プログラムと虎ノ門病院病理専門研修プログラムの連携施設となっています。

 脳神経血管内治療科医師募集 急募

 専門医
 募集対象
 募集人員 若干名
 備考  CAS、急性期脳梗塞血行再建術、動脈瘤コイル塞栓術 解離性椎骨脳底動脈瘤の治療、AVM/F塞栓術など脳神経血管内治療の豊富な症例を経験できます。脳神経外科、神経内科、循環器内科、救急などの先生方を歓迎いたします。海外留学への機会も用意しています。
勤務内容等詳細は、当院総務企画課・職員係(TEL 03−3269−8111、E-mail:tsm-kengaku@shinjuku.jcho.go.jp)にお問い合わせ下さい。
PageTop