病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
外来予約センター
“登録医療機関一覧”
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
取材希望
輸血の方針
寄付のお願い
病院広報誌
それいけSMC!
病院案内パンフレット
行事カレンダー
個人情報保護方針
地域医療機能推進機構(JCHO)のご紹介
JCHO版病院総合医(Hospitalist)育成プログラム

循環器内科


診療内容

循環器内科外来

初診外来(平日の午前9時から11時30分)

受診日の担当医師が応対させていただきます(外来担当医をご参照ください)。
気になる症状や健診での検査所見や疾患(「取り扱う主な疾患」をご参照ください)で思い当たる方は一度当院に受診されることをお勧めいたします。
かかりつけや治療中の医療機関がございましたら、できるだけ紹介状や画像資料等をお持ちください。

また11時以降に集中して受診される方が多くお待たせしてしまう場合もございますので、できるだけ午前中の早い時間に余裕をもってお越しください。

再診外来(外来担当医表をご参照ください)

2回目以降の受診は再診外来となります。予約制で、診察時に医師が次回の予約をお取りします。または平日の14時から16時までの間に、代表電話03−3269−8111 内線2324にご連絡をいただく形でも予約が可能となっております。

循環器内科入院

労作性狭心症・異型狭心症の診断には心臓カテーテル検査で2-3日の入院が必要となります。胸の苦しみが続く心筋梗塞や、不安定狭心症のように胸の症状が悪化したり頻度が増えたり突然出現した場合には即入院が必要な危険の状態です。当院ではこのように心臓の冠動脈という心臓の筋肉を栄養する血管が詰まったり詰まりかかったりしている病態では、バルーンやステントを用いた経皮的冠動脈形成術や血栓吸引療法を併用して治療を行っております。

不整脈の症状は、脈が飛んだり抜けたり、脈が速くなってドキドキ(動悸)したりします。また、重症例では、めまいを起こしたり意識を失って倒れることがあります。健康診断などで自覚症状がなくても不整脈が見つかることもあります。そのまま放置してもよいのか、治療が必要なのか、原因を調べることが重要です。脈が遅い場合(徐脈性不整脈)には、24時間ホルター心電図や電気生理検査を行い、ペースメーカー植込み術(7日の入院)が、その程度により必要となります。また、脈が速くなる場合(頻脈性不整脈)には、まず薬物療法を行い、効果が少なく発作を繰り返す場合は、細い管(カテーテル)を用いて不整脈を根治させる高周波カテーテルアブレーション(3-4日の入院)という治療を行います。
心筋梗塞、心筋症などの重症心疾患に伴い命に関わる不整脈が起こる場合には、電気ショックで不整脈を元に戻してくれる器械(埋込み型除細動器; ICD)が必要かを、電気生理検査などで判断します。また、悪くなった心臓のポンプ機能を改善させる器械(両心室ペースメーカー; CRT)の必要性についても判断し、提携先病院と協力して植え込み手術を行っています。

その他の疾患については「取り扱う主な疾患」をご参照ください。

メッセージ

急性心筋梗塞・狭心症、急性・慢性心不全の増悪、不整脈疾患などの緊急を要する疾患におきましては即時に対応させていただきます(日本循環器学会指定循環器研修施設・東京都CCU連絡協議会加盟施設認定)。

日頃仕事が忙しい方でも入院せずに画像診断を短期間で可能にするために、冠動脈CT・心臓MRIを含めた画像診断を早期に行える協力体制も整備されてまいりました。

診断能力の向上と、後期レジデントも含めて5人体制と増えたことで昨年より検査・治療件数も急速に増加してきております。

これからも皆様への良質な医療のご提供と、高齢化社会に適応し地域医療に携わり貢献できますように努力いたします。

取り扱う主な疾患

循環器内科の扱う主な病気の症状・検査所見には次のようなものが含まれます。

胸痛 顎のだるさ 背部痛 手のしびれ 呼吸苦 息苦しさ 動悸 脈の乱れ めまい 意識を失った 歩行時の足の痛み・しびれ・だるさ 足のむくみ 頭重感 脈が触れない 夜息苦しくて眠れない

その他動いた時の苦しい症状では循環器疾患が隠れていることが多々あります。

心電図異常 不整脈 心拡大 胸水 心のう水 心雑音 頸部血管雑音 高脂血症(LDL・悪玉コレステロールが高い) 家族に突然死した方がおられる 血管石灰化 大動脈瘤

循環器科の扱う主な病気には次のようなものが含まれます。

高血圧 虚血性心疾患(狭心症 心筋梗塞) 心不全 不整脈 心臓弁膜症 心筋症(拡張型心筋症、肥大型心筋症、拘束型心筋症) 先天性心疾患 高脂血症 心筋炎 心サルコイドーシス 心アミロイドーシス 胸部大動脈瘤 腹部大動脈瘤 下肢閉塞性動脈硬化 静脈瘤 静脈炎 大動脈炎 深部静脈血栓症 肺塞栓症 睡眠時無呼吸症候群 肺高血圧症 多発性嚢胞腎

ICU6床(兼CCU) 循環器病棟51床 心臓カテーテル検査室(インターベンション) 心臓超音波装置 頚動脈・末梢動脈・抹消静脈超音波検査 心臓核医学検査装置(シンチグラム) 心臓CT 心臓MRI 心臓電気生理検査装置・アブレーション治療 トレッドミル エルゴメーター ホルター心電図 加算平均心電図 脈波伝達速度・足関節血圧/上腕血圧比測定装置 電気的除細動器 6分間歩行試験 大動脈内バルーンパンピング

心臓血管外科が当院にはございませんので、冠動脈バイパス手術・弁置換術や弁形成術等の手術治療が必要とされる際には提携先病院に転院して治療を受けていただいております。

提携先:三井記念病院 心臓血管研究所付属病院

 

診療実績

2015年(1〜12月)

診療内容 件数
心臓カテーテル検査 320
全PCI 88
緊急カテーテル検査 69
緊急PCI 30
血管内超音波検査 95
経皮的動脈・静脈形成術 10
アセチルコリン負荷試験 66
心筋生検 10
左室造影 199
大動脈造影 20
電気生理学的検査 25
カテーテルアブレーション 28
ペースメーカー新規
ペースメーカー交換
心臓CT 219
心臓MRI
心筋シンチグラム 86
心電図 15822
ホルター心電図 449
心エコー 2910
経食道心エコー 63
頚動脈エコー 459
下肢動脈エコー 101
下肢静脈エコー 395
ABI 483
こうした検査、治療を10人の臨床検査技師、6人の臨床工学士の協力のもとに施行しています。

スタッフ紹介

医師名・役職 卒業年・
卒業大学
専門医等 専門分野・その他
naikadroomichi
おおみち ちかや
大道 近也
部長
(循環器内科担当)
1990(H2)年
三重大学卒
日本内科学会総合内科認定医・指導医
日本循環器学会循環器専門医
日本医師会認定産業医
日本不整脈学会ICD/CRT認定医
内科
循環器
不整脈
ペースメーカー
アブレーション
naikadrayabe
あやべ せいじ
綾部 征司
部長
(循環器内科担当)
1992(H4)年
東京大学卒
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
内科
循環器
カテーテルインターベンション
さいとう てつや
齊藤 哲也
医長
1997(H9)年
東京大学卒
日本内科学会認定総合医
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
元宮内庁侍従職侍医
内科
循環器
カテーテルインターベンション
やち せん
谷地 繊
医長
2003(H15)年
日本医科大学卒
日本循環器学会循環器専門医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本脈管学会専門医
心血管インターベンション治療学会認定医
内科
循環器
カテーテルインターベンション
心臓CT
ならさき ひろし
楢崎 容史
医長
2004(H16)年
岡山大学卒
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本周術期経食道心エコー(JB-POT)認定医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
内科
循環器
よしだ えり
吉田 えり
医師
2008(H20)年
弘前大学卒
日本内科学会総合内科専門医 内科
循環器
たけやま まこと
竹山 誠
医師
2015(H27)年
長崎大学卒
 日本内科学会認定内科医 内科
循環器
きまた しんいち
木全 心一
特別顧問
1958(S33)年
東京大学卒
内科
循環器
かわい あきひこ
川合 明彦
非常勤医師
1983(S58)年
北海道大学卒
日本外科学会外科指導医
日本心臓血管外科学会心臓血管外科専門医
循環器
心臓血管外科
たけたに つよし
竹谷 剛
非常勤医師
1996(H8)年
東京大学卒
日本心臓血管外科学会心臓血管外科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本外科学会外科専門医
日本脈管学会専門医
日本移植学会認定医
大動脈疾患
心臓外科全般
みうら すみお
三浦 純男
非常勤医師
1998(H10)年
筑波大学卒
日本外科学会外科専門医
日本心臓血管外科学会心臓血管外科専門医
胸部・腹部ステントグラフト指導医
血管外科

外来担当医

午前 綾部征司
大道近也
谷地 繊
楢﨑容史
齊藤哲也
綾部征司
齊藤哲也
綾部征司
大道近也
竹山 誠
楢崎容史
大道近也
谷地 繊
午後  川合明彦(第2,4) 竹谷剛
(第3)
◎心臓血管外科 外来
予約制です

電話予約:TEL 03−3269-8180(外来予約センター)
予約時間:平日8:30~17:00

2018/10/15 更新


特殊外来

PageTop