病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
外来予約センター
“登録医療機関一覧”
診療実績・臨床指標
調達情報
実習受け入れ
バリアフリー情報
情報公開
取材希望
輸血の方針
寄付のお願い
病院広報誌
それいけSMC!
病院案内パンフレット
行事カレンダー
個人情報保護方針
地域医療機能推進機構(JCHO)のご紹介
JCHO版病院総合医(Hospitalist)育成プログラム

泌尿器科

 

診療内容

当科では、すべての泌尿器科疾患(非常にまれで特殊な専門性を必要とする疾患を除く)の診断治療を行っています。

検査結果とそれに基づく治療方針の決定に際しては、十分な説明と同意(インフォームドコンセント)を大切にしています。

セカンドオピニオンを重視しており、他の病院へお願いすることも、他の病院からお受けすることも、歓迎いたします。

予約制・紹介制について

2017年4月より、診療を円滑に行うため予約制・紹介制とさせていただきます。
事前に予約をお取いただき、ご来院されますようお願いいたします。
予約なしのご来院は、予約の方から診察になるため、診察までの待ち時間が長くなることがあります。予めご了承ください。
医学的に緊急診療が必要と判断される患者さんについては、この限りではありません。
※他院通院中の方は、紹介状を必ずお持ち下さい。

初診外来(月曜日から金曜日までの午前9時から11時30分)

紹介状持参の方、医学的に緊急診療が必要と判断される方を除き、原則予約をお取りいただき、ご来院されますようお願いいたします。
かかりつけや治療中の医療機関がございましたら、必ず紹介状や画像資料、お薬手帳等をお持ち下さい。

再診外来

2回目以降受診される場合は再診外来の受診となります。予約制となっており、診察時に医師が必要に応じて次回の予約をお取りします。外来予約センターでの電話予約も可能です(平日8時30分から17時。電話:03-3269-8180)。

セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン(主治医以外の医師から治療法などの意見を求める)を希望される方は、泌尿器科外来へ電話して予約をおとりください(平日14時から16時30分)。おもに月曜または火曜または金曜の午後にセカンドオピニオン外来を開設しています。何らかの資料(できれば主治医からの紹介状と画像診断フィルム)をお持ちください。料金は一件あたり30.000円(税別)です。

メッセージ

執筆や編集に関与した成書

当科では教科書などの執筆活動や講演などを通じた、泌尿器科疾患に対する知識の普及にも力をいれております。
前立腺

膀胱内視鏡

膀胱内視鏡
外来での膀胱内視鏡TVモニターです。

体外衝撃波装置

体外衝撃波装置
尿路結石の体外衝撃波破砕装置です。

公開臨床研究のおしらせ

数理モデルを用いた前立腺癌再発動態の検討

職員募集について

当科では泌尿器科の後期研修医を募集いたしております。ご興味のある先生は当科部長 赤倉までご連絡ください。

研修を希望される研修医のみなさまへ

各科研修プログラムはこちらです。


取り扱う主な疾患

泌尿器科は、腎臓、尿管、膀胱、尿道などの尿路、前立腺、精巣、陰茎などの男性器、および副腎などの後腹膜腔に生じた病気や怪我を取り扱う診療科です。

対象疾患は、膀胱炎や腎盂腎炎などの尿路性器感染症、腎結石や尿管結石などの尿路結石症、前立腺癌・腎臓癌・膀胱癌などの尿路性器悪性腫瘍、前立腺肥大症と類縁疾患、排尿を司る神経の異常による排尿障害(神経因性膀胱)や女性男性の尿失禁、女性の骨盤性器脱、副腎の腫瘍、慢性腎不全、男性不妊症や勃起不全などの男性機能障害などです。

診断面では、超音波画像診断装置(エコー)、尿路内視鏡、尿路X線診断、CT、MRI、アイソトープ診断装置、排尿機能検査、などの最新の設備をそろえています。あらゆる検査に当たって、苦痛を少なくするよう心がけています。

治療面では、泌尿器科癌の治療を積極的に行っています。前立腺癌に対してダヴィンチ®手術のほかトモセラピーを有し最先端治療を提供するばかりでなく、診断結果をカンファレンスにて検討し症例によっては監視療法をお勧めすることもあります。進行癌に対する、薬物療法や放射線治療に関しても最新の知見に基づいた治療を提供しています。前立腺癌ばかりでなく、泌尿器科癌の治療全般において、積極的に腹腔鏡手術を取り入れ低侵襲な治療を提供出来るよう努めています。他にも、当院の癌治療の特色として院内に、緩和ケア内科、緩和病棟を有している点が挙げられ、緩和ケア治療に関しても手厚いサポートが可能です。
泌尿器科良性疾患に対する治療に関しても最新機器の導入を積極的に行い、レーザーや生理食塩水下で使用出来る内視鏡機器を使用し、尿路結石や前立腺肥大症などに対する患者さんの負担の少ない手術を行っています。2018年度より、女性泌尿器科専門外来を開設し、腹圧性尿失禁や骨盤臓器脱に対する腹腔鏡手術や経腟手術も得意としています。

 

得意とする治療

1.腎尿路悪性腫瘍全般

腎癌、腎盂癌、尿管癌、膀胱癌、前立腺癌(後述)、精巣癌といった尿路悪性腫瘍の全領域に対して手術療法、放射線療法、抗がん剤治療といった種々の治療実績があり、対応が可能です。患者さまそれぞれのケースにおいて最善と考えられる治療法を選択し提供します。

2.腹腔鏡手術

腎癌、副腎腫瘍に対しては、腹腔鏡手術を中心に行っています。従来の術式よりも術後の回復が早く、痛みも軽度です。また、症例によって臍を使用した単孔式手術も行い、整容性にも配慮しています。
前立腺癌に対する前立腺全摘術及び膀胱癌に対する膀胱全摘術も2017年度より導入しています。
腎癌、腎盂尿管癌、副腎腫瘍と同様に従来の手術と比べ、術後回復がスムーズで痛みが軽度である他に、出血が少ないという利点があります。

3.尿路結石に対する検査・治療

当院では、尿路結石症の診断に際し、最新の画像診断(Dual Energy Imagingなど)を用い、保存的治療、破砕治療(体外衝撃波破砕治療(ESWL)、内視鏡的砕石手術(TUL, f-TUL, PNL)などの治療方針の決定に役立てています。
(a)尿路結石に対する体外衝撃波破砕治療(ESWL)
体の外から衝撃波をあてることによって、腎結石や尿管結石を切らずに治療します。1988年国内では最も早い時期に治療装置を導入し、多くの患者さんの治療にあたってきました。2012年にドルニエ社製の新世代治療装置が導入され、より多くの患者さんにいっそう優れた治療ができるようになりました。外来または入院にて治療を行います。
(b)尿路結石に対する内視鏡レーザー破砕治療(TUL, f-TUL, PNL)
体外衝撃波治療のみでは完治されない尿路結石症例も年々増加傾向にあります。当院では内視鏡レーザー結石破砕装置を用いた、経尿道的粉砕手術も行っております。
また、2017年1月より、超細径内視鏡による経皮的腎結石砕石術を国内の他施設に先駆けて導入しました。ESWLや経尿道的手術(TUL, f-TUL)では困難な大きな腎結石(サンゴ状結石など)に対して4.8Fr(1.6mm)の内視鏡での治療が可能になりました。最先端の技術を熟達した医師が駆使することにより症例に応じて適切な治療選択を行い、低侵襲かつ安全性、確実性の高い結石治療を心がけています。

4.慢性腎不全に対する血液透析

慢性腎不全などの患者さんに対して、血液透析を行います。12床の血液透析用ベッドがあり、泌尿器科医、内科医、臨床工学士、看護師のチームにより治療にあたります。

5.女性泌尿器科

2018年4月より、中田部長を中心として、女性の泌尿器科疾患に伴う、失禁や頻尿などに対しての診療も積極的に行っています。行動療法や薬物療法はもちろんですが、必要な症例に対しては手術療法も行います。手術療法を行う疾患として、腹圧性尿失禁、間質性膀胱炎、骨盤臓器脱(膀胱癌、直腸癌、子宮脱など)、過活動性膀胱などがあります。

 

前立腺癌

根治手術、放射線療法、ホルモン療法、PSA監視療法、進行性前立腺癌(転移性、去勢抵抗性前立腺癌などを含む)などの治療法選択に関して、セカンドオピニオンを受け付けています。特に、手術と放射線治療の比較、重粒子線治療、間欠的ホルモン療法、無治療経過観察などについては、部長の赤倉医師が厚生労働省班会議などのメンバーでもあり、多くの診療実績があります。

前立腺癌早期発見のための血液検査(前立腺特異抗原:PSA)について

近年、わが国において、高齢化社会の到来と生活の欧米化により前立腺癌の頻度は飛躍的に上昇しています。前立腺癌の早期発見のためには、血液検査(前立腺特異抗原:PSA)が非常に有効であることがわかってきました。検査の結果、前立腺癌の疑いのある患者さんには1泊2日または2泊3日の入院で組織検査(生検)を受けていただいています。

前立腺癌に対するダビンチ®手術

2018年12月より、da Vinci Ⅹ®によるロボット手術支援下腹膣鏡手術前立腺全摘出手術を開始しました。これにより、これまで以上に術後の尿漏れや勃起への影響を少なくしつつ、癌の治療成績を向上出来ることが期待されます。木藤部長は、これまで他施設で同手術の経験が豊富であり、スムーズに手術導入を行っています。

前立腺癌に対する高精度放射線治療(トモセラピー)

早期前立腺癌に対しては手術または通常の放射線治療によって良好な治療成績が得られていますが、さらなる改善を目指して高精度放射線治療が試みられています。当院でも2016年4月からトモセラピーを導入し、治療成績、安全性の高い前立腺がん治療を提供します。

 

前立腺がん地域連携パスについて

東京都,東京都医師会では、都内の病院泌尿器科、泌尿器科専門医療機関と協力して「前立腺がん検査連携パス」を運用しています。PSA値上昇のためかかりつけ医から専門科に紹介された患者が、精密検査(前立腺生検)でがん陰性であった場合、紹介元のかかりつけ医に戻って、PSAの経過観察を行なう連携システムです。一定期間の経過またはある値を超えるPSAの上昇時には、病院泌尿器科・泌尿器科専門医療機関を再受診してもらいます。

 東京都PSA手帳(PDF)

H23年度より、東京都では、5大がん+前立腺がんに対して、大きな病院と地域のかかりつけ医(開業のクリニックなど)が協力して診療にあたる制度を開始しました。東京都医師会は、5大がん+前立腺がんを病院と開業医が一緒に診ていくシステムを作りました。前立腺がんの治療が始まって一段落した方は、地域の泌尿器科の先生や患者さんのかかりつけ医で当院が協同で治療にあたることが可能です。

東京都医療連携手帳(前立腺癌用 : PDF)

 

 

 

 

診療実績

令和1年(平成31年)

手術件数

診療内容 件数
腎摘除術 腎部分切除術(うち腹腔鏡) 7例、10例(17例)
腎尿管摘除術(うち腹腔鏡) 6例(6例)
膀胱全摘除術(うち腹腔鏡) 5例(5例)
ロポット支援下前立腺全摘除術(ダヴィンチ) 44例
経尿道的前立腺切除術(うちHoLEP) 20 例(8 例)
経尿道的膀脱腫瘍切除術 45例
女性泌尿器関連手術(うち腹腔鏡) 9 例(3 例)
体外衝撃結石破砕術 20例
経尿道的尿路結石砕石術 55例
*うちロボット手術4件
**うちレーザー手術5件


スタッフ紹介

医師名・役職 卒業年・卒業大学 専門医等 専門分野・その他
pic_hinyoki01.jpgあかくら こういちろう
赤倉 功一郎
副院長
主任部長
1984(S59)年
千葉大学卒
日本泌尿器科学会
泌尿器科専門医・指導医
「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会」修了
ロボット手術認定医
(daVinci X)
前立腺癌・肥大症
尿路結石症
泌尿器科全般を得意としていますが、特に前立腺癌、前立腺肥大症、尿路結石については経験豊富で国際的にも高い評価を受けています。前立腺癌に対する間欠的ホルモン療法を世界で始めて開始しました。セカンドオピニオン希望の方を積極的に受け入れています。
木藤宏樹.jpg きとう ひろき
木藤 宏樹
部長
1997(H9)年
千葉大学卒
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会」修了
日本ロボット外科学会 Robo Doc certificate 国内B級
ロボット手術認定医(daVinci X)泌尿器ロボット支援手術プロクター
泌尿器科悪性腫瘍一般
腹腔鏡手術
人工透析
なかた たかこ
中田 多佳子
部長
(女性泌尿器担当)
1998(H10)年
富山大学卒
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
日本泌尿器科学会泌尿器科指導医
ロボット手術認定医
(daVinci X)
泌尿器科一般
女性泌尿器科
きのう みか
木納 美香
医長
2003(H15)年
千葉大学卒
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
ロボット手術認定医(daVinci X)
泌尿器科一般
ひの だいち
日野 大地
医師
2016(H28)年
千葉大学卒
泌尿器科一般
はやし たくみ
林 拓見
医師
2018(H30)年
高知大学卒
泌尿器科一般
すがの たかひろ
菅野 貴洋
非常勤務医師
2016(H28)年
岡山大学卒
泌尿器科一般

外来担当医

午前 初診 木納美香
(予約のみ)
木藤宏樹 中田多佳子 赤倉功一郎
(予約のみ)
菅野貴洋
(予約のみ)
再診 中田多佳子
赤倉功一郎
中田多佳子
木納美香
木藤宏樹
木納美香
中田多佳子
(専門外来)
11:00~
11:30
(予約制2名
まで)
手術 赤倉功一郎
午後
(予約)
赤倉功一郎
◎セカンド
オピニオン
赤倉功一郎
◎セカンド
オピニオン

木藤宏樹
赤倉功一郎
日野大地
 手術
赤倉功一郎
◎セカンドオピ二オン
手術
原則、予約制です。事前に予約をお取りにいただき、ご来院されますようお願いいたします。

電話予約:TEL 03−3269−8180(外来予約センター)
予約時間:平日8:30~17:00

2020/4/1 更新


特殊外来

セカンドオピニオン外来について

セカンドオピニオン(主治医以外の医師から治療法などの意見を求める)を希望される方は、泌尿器科外来へ電話して予約をおとりください(14時から16時30分、月から金曜)。おもに月曜または火曜または金曜日の午後にセカンドオピニオン外来を開設しています。何らかの資料(できれば主治医からの紹介状と画像診断フィルム)をお持ちください。料金は一件あたり 30,000円(税別)です。

PageTop